つるやⅡ、ディープな天王寺北口阪和商店街の串焼きホルモン。

店名:つるやⅡ
住所:大阪市天王寺区堀越町15-5
電話:非公開

天王寺と言えばハルカスや近鉄のある南口に人が流れていきますが、反対側の北口には昭和の風情が漂うディープな飲み屋街「阪和商店街」があります。
戦後の闇市もこんな風ではなかったのかしらと思うような暗いアーケードの中、近年は若い人向けのお店も増えてきましたが、そこに少し褪めた青いのれんの串焼きホルモンの「つるやⅡ」があります。

カウンターに8席だけの狭い店に、中は渋いだみ声の大将が一人。
強面ですが、よく見ると男前で実に味わい深い大阪人のしゃべり口調に和みます。

つるやⅡは、酒飲み万歳で誰もがすぐに友達になれるような暖かな雰囲気です。
いつも満員なので、17時のつるやⅡ開店直後が狙い目でしょう。
同じ商店街に焼き肉店の「つるや」もありますので間違わないようにしてください。

座ると無料のキャベツとたれが出てきます。
ホルモンは串に3切れほど刺さって、2本で300~500円まで。
大将一人ですがお客が少ないので料理が出てくるのは意外と早いです。

目の前で炭火焼きされる串焼きはじゃりんこチエちゃんの世界観そのもの。
上ミノ、ココロ、ハラミにキモが最初に頼むメニュー。
どれもふっくらと好い加減に焼き上がって出てきます。

ちなみに、つるやⅡのおすすめはウルテです。
厚揚げやしいたけ、焼き鳥も美味しいですね。

お酒は銘柄の種類は置いていませんが一通りはあります。
BGMはテレビ、春から秋にかけては阪神戦ですね。

トイレはつるやⅡ専用のトイレが外にありますので大将に鍵をもらっていきます。
大将の人柄か客層はかなり良くて文化人もたまに来られるようです。
つるやⅡは、ディープな大阪を味わえるザッツ大阪なお店です。