GPS発信機で浮気の証拠調査

私は探偵業を営んでおり、これまでに多くの調査を行ってきました。
我々探偵が浮気調査を行う上で目指すのは、もちろん完璧な証拠なのです。
ここで言う完璧な証拠というのは、ラブホテルの出入りの写真や相手の自宅への出入りの写真です。

この2つの写真は浮気の物証としてはもっとも有力で、複数回にわたって撮影ができればさらに確実なものとなります。

こういった写真を撮影されると不倫を行ったパートナーは自身に有利な証言をする事も難しくなり、言い訳はほぼ不可能になると言ってもいいでしょう。
しかし、これらは浮気調査のプロの技術がないと難しく、素人では中々手に入れることができません。

では素人にもできる方法は?という質問に対して私がお勧めするのは、パートナーの携帯電話をチェックして不倫相手との連絡のやり取りの写真を撮影したり、車にボイスレコーダーやGPSロガーを仕掛ける方法が、もっとも効果的で成功しやすいと思います。

GPSの記録は一時的な証拠として利用できますし、確実な物証を手に入れたときに以前から継続された関係であるという立証にもなるからです。

探偵を雇う場合、料金が高額で依頼を諦めてしまう方も多く、我々探偵として何とかしてあげたいという気持ちで一杯なのですが、こちらも商売として調査を行っているためやはり難しいものがあります。

ですが、浮気の証拠収集はこつこつ行っていけば必ず成果はでると私は考えます。
最終的にパートナーに認めさせてしまえば良いわけですから、小さなものでも積み重ねることができれば、効果を期待できるわけです。

参考:GPS発信機 浮気調査

携帯電話のGPSで浮気の証拠を掴む方法

これは、先日ネットの見たアンケート結果です。
既婚者で浮気をした経験があると答えた男性は19%、女性では20%とどちらも男女差なく不倫願望があります。
しかも35歳を境に急激に上昇します。

不倫をする動機は、配偶者との関係が上手くいっていない、職場環境が上手くいっていない、癒しを求め共有できる相手が欲しい、妻が妊娠している、妻の方が稼いでいるなどが原因となっていることが多いようです。

男性の場合、相手を探す場所として一番多いのは、やはり職場の上司や同僚やパートさんです。
続いてはキャバクラやスナックのホステス、サークル仲間、出会い系と続きます。

女性の場合、これも一番は職場の同僚や同僚、続いて趣味の講師やサークル仲間、元彼や同級生、出会いサイトで相手を探しています。
もしや浮気では?と疑いをかけ、胸のなかでモヤモヤと悩み続けるよりも証拠を見つけましょう。

調査を依頼するために、まずは状況を確認しておく必要があります。
一番最初に手を付けるべきものは、証拠が詰まった携帯の中身を押さえることです。

GPS機能がある携帯やスマホなら、ホテルなどでの浮気を見破ることも容易です。
車にGPSを仕掛ける方法も有効ですね。

携帯を見せてくれず、パスをつけるようになったら、スマホの場合には指の動きを見ておけば、多少推理すれば見破ることも可能です。

何度もやり取りをしている相手のメールを、自分の携帯やパソコンへデータを転送して証拠を確保しておきます。
もしも消去されていそうな場合には、携帯の中のゴミ箱も確認しておきましょう。

案外消し忘れている人も多いので、しっかりと証拠を集め、状況から見て決定的だと感じたら探偵事務所へ浮気調査依頼をし、事実をはっきりとさせましょう。
関係を改善するにしても、離婚するにしても、まずは真実を知ることから始めましょう。