切手買取はバラでも可能だが買取価格に影響する

切手買取をする際に、すでにバラになってしまっている切手は買い取ってくれるのか?という疑問を持つ人がいるはずです。
これに関してはどうなのか?というと、可能なケースは多々あります。

こういった状態の切手を買取っているのか?に関しては、お店ごとの対応に違いがあるので、一概には言えません。

しかし、バラの状態のものを買取しているお店は普通にあるため、不可能な状態ではないのです。
したがって、お店を選ぶことでシート状ではない切手についても買い取ってもらうことが可能となります。

しかし、バラの切手は買取自体は可能なことが多いものの、シート状の切手と比較すると、買取価格は落ちます。
全く同じ切手であっても、シート状の方が基本的には高くつきます。

元々シート状になっていた個別の切手が全部の枚数または種類揃っていたとしても、それらがバラの状態になっているのであれば、シート状よりも合計金額は安くなることが大半です。
やはりシート状の方が世の中に存在する数が少ないため、希少性が高いので値段も高くつくのです。

切手買取において、バラでも買取ができないわけではないですけど、どうしても買取価格に影響が出てしまうので、そこはあらかじめ覚えておいた方がいいです。

参考:切手買取の相場.com