もうやんカレー赤坂、東京都港区にあるランチビュッフェがおすすめのカレー店

名前:もうやんカレー赤坂
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目3−1 アスモビル B1F
電話:03-6441-2969

もうやんカレーのランチビュッフェで1100円(税込)で15時まで食べていくことができて、気分よく食べていくことができるところです。
美味しく食べていくことができるところです。
とても良い場所にありますし、カレーが好きな人にとってはとてもおいしくて気分の良い時間を味わっていくことができるお店だと思います。

もうやんカレーのカレーはとても美味しくて、私は時々行くお店なのですが、味が良いのとルーがとてもおいしいのと、良い感じのお店というのが揃っているのでとても良いお店なのだと思いました。

内装が他店舗と違って明るく、洋画が流れるスクリーンがあって、とてもおしゃれな感じのお店と言う感じでよかったです。
このおしゃれな感じのお店でカレーを食べていけるので、ゆったりとしてとても良いお店で食べていくことができると言う感じで、行って良かったと思うことができました。

カレーを食べる場所といっても食べるところがこちらのお店のようにいい感じの店で食べていけると言う事は、普通のお店で食べていくよりもなおさら良い思いをしながら食べていけると言うところになっているのかもしれません。

もうやんカレー赤坂店は店員さんがとても好感の持てるような良い店員が多いと言う話なので、他の店舗に比べても良いのでしょう。

飯田橋にあるCoCo壱番屋のエビとあさりのトッピングが魅力のカレー

店名:CoCo壱番屋JR飯田橋駅西口店
住所:東京都千代田区富士見2-11-10
電話:03-3556-9951

飯田橋にあるCoCo壱番屋にて、海の幸系のカレーを注文する際にはエビあさりカレーがおすすめです。

このメニューはその名の通り、エビとあさりをトッピングにしたメニューとなっています。
印象としては、どちらかと言えばあさりの量が結構多くて、そこが特徴的だと思います。

エビもあさりも美味しいのですが、2つとも基本的にはカレーの具材としてはあまり見られないでしょう。
シーフードカレー自体が一般的にはややマイナーな印象だと思いますから。

ただ、エビあさりカレーを食べると、こういった海鮮系の具材を取り入れたカレーに関しても普通に美味しいと思えるので、家でも試してみたくなります。
あさりの量が特に豊富なので、十分にお腹も膨れますし、そういう部分においても魅力的なメニューだなと感じられます。

個人的にはエビが大好きなので、それが理由でこのメニューに興味を持ちましたが、意外とあさりも美味しかったので、新たな発見をした気分でした。
あさりに食いつく人はあまりいないかもしれないですけど、CoCo壱番屋で食事をするときにはかなりおすすめできると思います。

五反田にあるCoCo壱番屋の肉が大きいカレーうどん

店名:CoCo壱番屋 JR五反田駅東口店
住所:東京都品川区東五反田5-27-6第1五反田ビル1F
電話:03-5795-0551

五反田のCoCo壱番屋では、カレーライスももちろんおすすめですが、カレーうどんに関してもおすすめできます。
カレーライスのお店なのでカレーうどんがメニューにあってもおかしくはないですけど、実は知らない人もいるのではないでしょうか?

このCoCo壱番屋のカレーうどんに関しては、このお店のカレーの味が好きならば絶対に気に入ると思うのです。
というのも、このカレーうどんの味に関しては、普段のCoCo壱番屋で使われているカレーの味とかなり共通点があるように感じました。

したがって、違和感なく食べることができ、ボリュームも十分あって普通に美味しかったという感想になります。
また、具材に関しては種類は多くないものの、肉のサイズが結構大きくなっていて、そこは非常に嬉しかったです。

カレーの具と言えばやはり肉ですし、その点において魅力を感じることができたのは大きかったです。
しかも、CoCo壱番屋のカレーうどんについては値段が712円ということで、この味とボリュームにしては割と安い方なのではないか?と思っていますから、その点でもおすすめできるメニューと言えます。

ゴーゴーカレー秋葉原中央通店、千代田区外神田にある美味しいカレー店

店名:ゴーゴーカレー秋葉原中央通店
住所:東京都千代田区外神田1-11-7
電話:03-6206-9855

よく仕事で秋葉原に行く機会があるのですがその時に利用しているカレー屋がゴーゴーカレー秋葉原中央通店になります。

一般的なカレーではなく、金沢カレーになっており、カレーにキャベツが乗っているのがゴーゴーカレーの大きな特徴です。
とても濃厚でスパイシーなルーになっており、ご飯がとてもすすむカレーになっています。

ゴーゴーカレーの中でもよく注文するカレーがロースカツカレーでサイズは、エコノミーを選択しています。
780円に設定されており、そこまで高い価格に定められていないにも関わらず、とても美味しいカレーを食べることができます。

ゴーゴーカレー店内はかなり狭い空間になっており、身体が大きな人が両隣りに座った場合、ちょっと窮屈な思いをする可能性があります。
また店員の対応もそこまでよくなく、人によってはイライラしてしまうケースもあります。

それでもリーズナブルな価格に定められているにも関わらず、とても美味しいカレーを食べることができるので個人的にとても気に入っています。
基本的にカウンター席がほとんどなので、ゴーゴーカレーは女性にとって若干入りにくい雰囲気が保たれています。

荻窪で本格カレーを食べるなら「トマト」!その美味しさに驚くはず!

カレーが好きな人なら一度は聞いたことのある店名ではないでしょうか。
荻窪駅から歩いて数分のところにある小さなカレー屋さん「トマト」。

トマトは、お歳を召されたご夫婦でやっているアットホームなお店。
1日のルーの量が決まっているので、なくなり次第閉店になってしまう人気店です。

私は開店の約30分前にトマトのお店の前に着きましたが、それでも15組ほど並んで待っている方がいました。

開店時間になり何組かお店の中に入って行きましたが、私の番はまだまだ。
そのうちに私の後ろには何十人という人の列ができていました。

40分ほどしてトマト店内に通され、お目当の牛タンカレーを注文。
しばらくして福神漬けとラッキョウが運ばれてきて、その後牛タンカレーが運ばれてきました。

カレーの容器にいっぱいに大きな牛タンが入っています。
ご飯の器に牛タンをのせようと箸を入れた瞬間に牛タンがふわっと切れてしまいました。
力を入れなくても切れてしまうほどトロトロに煮込んである大きな牛タンがなんと2枚も入っているんです。

ルーも今まで食べたことのないくらい旨味のある味。
言葉のボキャブラリーが少ない私にはなんと表現して良いのかわからないほど美味しいルーでした。

量も見た目以上にボリューミーでお腹いっぱい美味しいカレーを食べる事が出来ました。

私が食べ終わる頃にはその日のルーは無くなってしまったようで、外で並んでいるお客さんに奥さんが謝りに行ってる状態でした。

トマトの料金は、牛タンカレーの場合約3000円と決して安くはありませんが、1度食べて見る価値は十分にあります。
ぜひ足を運んでみてください。

店名:トマト
住所:東京都杉並区荻窪5-20-7 吉田ビル1階
電話:03-3393-3262

埼玉県宮代町のインド食堂 ヒマラヤンはカレーが絶品のお店

店名:インド食堂 ヒマラヤン
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町本田2丁目1-12
電話:0480-32-0772

インド食堂 ヒマラヤンは、埼玉県南埼玉郡宮代町にあるお店です。
近くには日本工業大学や東武動物公園があることから、平日休日問わず若い人や家族連れで賑わう人気店です。

ヒマラヤンのお店の外観は、異国情緒が漂いすぎる位漂っていますが、店員さんも気さくで親切ですので、安心して入店してください。
店内は決して広くはありませんが、インドのポップスと思われるBGMとカレーのスパイスの香ばしい香りに包まれたその空間は、食欲を刺激すること請け合いです。

こちらのヒマラヤン、やはり何と言ってもカレーの美味しいお店です、日本のカレーとは違った香辛料の効いたスパイシーな味わいが特徴と言えます。

カレーの種類はチキンやマトン、シーフードなど数種類の中から選ぶことが出来ます。
特にヒマラヤンのランチタイムは、お得な値段で食べれるので、お財布にも優しいです。

また、ナンが食べ放題なのも嬉しいサービスです。
おかわりを注文すると、その都度焼きたてのナンを提供していただけるので、これを楽しみに来店される方も多いようです。

ヒマラヤンは、ドリンクもラッシーや見たことのないようなビールやワインが置いてあり、夜は呑みのお客さんの需要もあることが伺えます。

松戸市五香「モホニ」お手頃価格で美味しいインドカレー

松戸市の「オウル五香」というショッピングセンターの1階フードコートにあるのがこちらのお店、モホニ。

小ぢんまりとしたショッピングセンターですが、この「モホニ」は常連客にも愛されるお店です。

カウンターに貼られたメニューの数々に、店長さんからの可愛らしいコメント付きで和みます。

何よりも、モホニの安さといったら、カレー1種類にナン、サラダのセットが590円程度。
キーマカレーはナンではなくライスにすると、サラダは付きませんが390円と驚きの価格。

さらに、ケバブサンドやナンピザ、ネパール焼きそばなどもあり(どれもリーズナブル)、時間帯によっては部活帰りの中高生たちがワイワイと話している姿も見られます。

バターチキンカレーにラッシーを注文、ドリンクは+100円で付いてきます。
辛さも甘口・普通・中辛・辛口・激辛から選べますが、今回は中辛でオーダー。

笑顔の眩しいモホニの店員さん(ネパール系?)が「お水飲んで待っててくださいねー、持っていきます」と優しい言葉をかけてくれます。
カレーはもちろん美味しいのですが、店員さんの笑顔や丁寧さが愛される一因なのだと思います。

モホニのカレーは、全体的にやや甘めなので、辛さはオーダーで調整しましょう。
ナンはこの価格とは思えないほど大振りです。

モホニは、テイクアウトもあり、ワンコインで足りるという点もあってか、持ち帰りのお客さんも多いです。

店名:カレー&スナック モホニ
住所:千葉県松戸市五香8丁目44-6 オウル五香 1F
電話:080-3528-7344