天満に餃子イェスタデイというオシャレな餃子バルがオープン

店名:餃子イェスタデイ
住所:大阪府大阪市北区天神橋5丁目1−5
電話:06-6353-2568

現在は飲食店にとっては厳しい時期ですが、そんな時期でもオープンするお店はあります。
2020年の9月にオープンした餃子イェスタデイがそうです。

餃子イェスタデイは、餃子のお店にしては洒落たネーミングですが、名前だけでなくお店もお洒落な雰囲気。
最近はバルスタイルのお店が増えていますが、こちらのお店は餃子バルです。

雰囲気が良いのは分かりますが、餃子イェスタデイの料理の方はどうなのか。
味も良いみたいで、早くもリピーターが出るほどの人気のようです。

餃子イェスタデイの定番メニューはイェスタデイ焼き餃子。
6個、12個、18個というように、個数を選ぶことができます。

この餃子はニンニクよりも、生姜が効いていますね。
ひき肉の味と生姜がほどよくマッチしています。
パリッとした食感も良くて、美味しかったです。

餃子イェスタデイもう一つの定番メニューが、ツモロー大阪肉吸い炊き餃子。
こちらもイェスタデイ焼き餃子と同じく個数を選べます。

肉すいといえば、大阪の名物ですね。
それの餃子とは、どんなものなのか。

水餃子をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。
肉すいの中に、餃子を入れている感じです。

こちらは焼き餃子とは違う良さがあります。
モチモチした食感で、肉すいの味が餃子に染みこんでいる。

何個でもいけるぐらい美味しいです。
この2つのメニューだけでお酒を飲むこともできそうですが、他にも美味しいメニューがたくさんあります。

私も餃子イェスタデイのリピーターになりそうです。
さすが天満だけあって、良いお店が出てくるなと思いました。

埼玉県春日部市のブラウンはつけ麺が看板メニューの美味しいラーメン店

店名:ブラウン
住所:埼玉県春日部市豊町5丁目19−15
電話:048-755-6669

ブラウンは埼玉県春日部市、ゆりのき通り沿い、国道16号にほど近い場所に位置しています。

まず目につくのは個性的な看板、ジェームス・ブラウンの肖像でしょうか、店主の好みでしょうか、ともかくよくわかりません。
駐車場は広く、停めやすいのは良いですね。

ブラウン店内はカウンター席、テーブル席、小上がり席とあり、様々なシチュエーションに対応できそうです。
例えば、小さな子どもが居る世帯ですと、小上がり席の有無は結構重要だったりします。

券売機でメニューを選び、食券をお店のスタッフの方に渡します。
壁一面のマンガ本も気になりますが、注文から程なくして品物が提供されます。

さすがブラウンは繁盛店といいますか、オペレーションがしっかりしている印象を受けました。

看板メニューのつけ麺は、麺の食感がしっかりした食べごたえのあるものです。
汁はドロッとした味の濃いもの、麺との相性は抜群です。

サイズはいくつか選べたと記憶しているのですが、結構ボリューミーな印象があります。
価格もこのクオリティーのものが千円以下で食べれるのですから、大げさに言って日本の外食サービスのレベルの高さを感じずにはいられません。

ブラウンは接客に関しても言うことありません。
全体的に若いスタッフが多く、元気をたくさんもらいました。

いわき市の美味しい地中海料理ならバル・リストランテ ラ・パパ

店名:Bar&Restrante La Pa Pa バル・リストランテ ラ・パパ
住所:福島県いわき市平田町120ラトブ3階
電話:0246-37-5177

ラ・パパ は、いわき駅すぐ近くラトブ3階の奥まった一角にあるカジュアルな地中海料理のお店です。

店内は気負わずに楽しくお料理を楽しむことができる明るい雰囲気で、ラ・パパ は老若男女問わず利用できる空間です。
夜は夜景の見える窓際の席、デートでの利用にもおすすめです。

ラ・パパ のお料理はどれもとても美味しく、1000円程度で食べられるパスタは麺の固さといいモチモチ感といい、どれを食べても絶品です。

特におすすめなのは、「小海老と季節野菜のトマトクリームソース」です。
酸味と甘味の絶妙なバランス、こってりとした濃厚で深みのあるソースがパスタにたっぷりと絡んで食欲をそそります。

具材もたっぷりのっていて、パスタの量もボリューミーなので男性でも満足のゆく一皿です。
お料理にプラス500円でケーキとドリンクをセットにすることもできるので、とてもリーズナブル。

ケーキ各種もサイズ感がしっかりしていて、これまたどれを食べても外さない美味しさです。
ラ・パパ のお店でもイチオシされている自家製のいちじくのケーキは一度は食べて欲しい一品です。

普段使いにも、デートにもお勧めのお店です。

飯田橋にあるCoCo壱番屋のエビとあさりのトッピングが魅力のカレー

店名:CoCo壱番屋JR飯田橋駅西口店
住所:東京都千代田区富士見2-11-10
電話:03-3556-9951

飯田橋にあるCoCo壱番屋にて、海の幸系のカレーを注文する際にはエビあさりカレーがおすすめです。

このメニューはその名の通り、エビとあさりをトッピングにしたメニューとなっています。
印象としては、どちらかと言えばあさりの量が結構多くて、そこが特徴的だと思います。

エビもあさりも美味しいのですが、2つとも基本的にはカレーの具材としてはあまり見られないでしょう。
シーフードカレー自体が一般的にはややマイナーな印象だと思いますから。

ただ、エビあさりカレーを食べると、こういった海鮮系の具材を取り入れたカレーに関しても普通に美味しいと思えるので、家でも試してみたくなります。
あさりの量が特に豊富なので、十分にお腹も膨れますし、そういう部分においても魅力的なメニューだなと感じられます。

個人的にはエビが大好きなので、それが理由でこのメニューに興味を持ちましたが、意外とあさりも美味しかったので、新たな発見をした気分でした。
あさりに食いつく人はあまりいないかもしれないですけど、CoCo壱番屋で食事をするときにはかなりおすすめできると思います。

粥餐庁 あべのハルカス店で美味しいお粥を食べてきた

店名:粥餐庁 あべのハルカス店
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43 あべのハルカス近鉄本店タワー館B2F
電話:06-6654-6281

日本一高いビルで有名なあべのハルカス。
そこにはどんな飲食店が入っているのか気になり行ってきました。

大体の飲食店は12階~14階のフロアに集まっています。
私はあえて、地下2階のフロアに行くことにしました。

そこに気になるお店があるからです。
そのお店は粥餐庁というお粥のお店です。

お粥って外食で食べることってないので、興味を惹かれました。
きっとこだわっているに違いないと思い行くことに。

粥餐庁のお粥なのですが、白米と玄米を2:1の割合で混ぜて出しているようです。
玄米は栄養価が高いので良いですね。

それを干し貝柱と昆布、チキンスープと生姜で炊き上げます。
こうすることで、美味しいお粥が出来上がります。
このお粥をベースに、様々なメニューがあるって感じですね。

私はシンプルなお粥の方が本来の味を楽しめると思い、蒸し鶏とみょうがのさっぱり梅味のおかゆを注文しました。
このお粥は、あっさり系の味が好きな人にはたまらないと思います。

あっさりとした中にも、みょうがと梅が良いアクセントになっている。
お粥も出汁の旨みを感じることができる。
優しい味で、きっと体にも優しい料理だと思います。

私はノーマルなお粥を頼みましたが、クリーミーチーズとたらこのおかゆなんていうメニューもありました。

粥餐庁には他にも様々なお粥がありますし、担々麺やフォーなどもあります。
健康志向なメニューが多いからか、女性客が多かったです。

もちろん男性も満足できますけどね。
粥餐庁は気軽に入れるお粥のお店でした。

スパイス食堂サワキチ、肥後橋にある麻婆麺が看板メニューの中華料理店

店名:スパイス食堂サワキチ 肥後橋店
住所:大阪府大阪市西区京町堀1丁目11−3
電話:06-6225-7188

スパイス食堂サワキチは、店名に食堂とありますが、麻婆麺が看板メニューのお店です。
この日はランチを食べに行きました。

麻婆麺なんですけど、スパイス食堂サワキチは様々なアレンジを加えた麻婆麺が食べられます。

ベースとなる麻婆麺をより辛くした麻婆麺や、逆に辛くない白麻婆麺。
カレーを加え、よりスパイシーな麻婆麺。
モッツアレラチーズを加えた麻婆麺なんかもあります。

どれも興味深いメニューですけど、とりあえず最初は基本の豚骨麻婆麺を食べることにしました。
スパイス食堂サワキチの基本となる味を知っておこうと思いましたので。

料理が到着するまで、麻婆麺の食べ方の説明を読んでいました。
そして、豚骨麻婆麺がテーブルに運ばれてきました。

説明文に書かれていたことですが、よく混ぜて食べてとのこと。
確かに運ばれてきたときは、具材の上にスパイスの粉らしいものがかかっています。

これをスープと混ぜて食べろってことですね。
さて味はどんな感じなのか。

なかなか辛そうな見た目で味もスパイシーなんですけど、辛すぎないので食べやすいです。
麻婆豆腐と麺、煮卵などの具材がスープと絡むことで、より一層美味しく感じられます。

麻婆麺には白ごはんが付いてくるのですが、〆に白ごはんをスープの中に入れて食べる。
これも説明に書かれていた美味しい食べ方です。

確かにめちゃくちゃ美味しかったです。
スパイス食堂サワキチの基本の麻婆麺が美味しかったので、次は違う麻婆麺も食べてみようと思いました。

五反田にあるCoCo壱番屋の肉が大きいカレーうどん

店名:CoCo壱番屋 JR五反田駅東口店
住所:東京都品川区東五反田5-27-6第1五反田ビル1F
電話:03-5795-0551

五反田のCoCo壱番屋では、カレーライスももちろんおすすめですが、カレーうどんに関してもおすすめできます。
カレーライスのお店なのでカレーうどんがメニューにあってもおかしくはないですけど、実は知らない人もいるのではないでしょうか?

このCoCo壱番屋のカレーうどんに関しては、このお店のカレーの味が好きならば絶対に気に入ると思うのです。
というのも、このカレーうどんの味に関しては、普段のCoCo壱番屋で使われているカレーの味とかなり共通点があるように感じました。

したがって、違和感なく食べることができ、ボリュームも十分あって普通に美味しかったという感想になります。
また、具材に関しては種類は多くないものの、肉のサイズが結構大きくなっていて、そこは非常に嬉しかったです。

カレーの具と言えばやはり肉ですし、その点において魅力を感じることができたのは大きかったです。
しかも、CoCo壱番屋のカレーうどんについては値段が712円ということで、この味とボリュームにしては割と安い方なのではないか?と思っていますから、その点でもおすすめできるメニューと言えます。